“へそ”から体中をじっくり温める 三晴社のへそ温灸器ゴールド

温灸器とは

灸やはりは東洋の伝統医学に基づくものです。いずれも、人間が本来備えている治癒能力(生体恒常性=ホメオスタス)を、もっぱら発揮させ、病気の治療に役立てようとするものです。 お灸が中国より伝わったのは今から1300年程前。広く日本に根付いた理由に「冷えやすい体質」の日本人に合っていたからといわれ、お灸の最大のお効用は体を温めて自然治癒力を高めることにありそうです。ところで、近年、鍼灸しんきゅうの効果はストレス学説にとりいれられるなど、にわかにクローズアップされてきました。

灸は、モグサ(薬草のヨモギを精製してつくる)の燃焼時の熱刺激を、病気と関連の深いと考える体表の箇所に与えて、病気を改善しようとするもので、それにはモグサをジカに皮膚において燃焼させる直接灸と、皮膚の上に塩やにんにく、薬草等を敷いてその上からモグサを燃焼させ、温熱刺激を与える間接灸(温灸)があります。

季節の変わり目に、自分で気づかない「かくれ冷え」が、男女共多くなる!

ひざの上に温かい手の平を当て「気持ちいい〜」と感じたら冷えている。

冷えは、どうしてなるのでしょうか?
血液はエネルギーの基になる栄養分、酸素の他に体温を運んでいます。途中で滞ると足先まで熱が伝わらなくなって冷えてしまいます。お腹には大切な臓器がたくさんあるので内臓が冷えると、それを温めようと本来は手足に回るはずの血液が内臓周辺に集まってきてしまって末端が冷えてしまうのです。

冷えは万病の元

なぜ、冷えは体によくないのでしょうか?実は慢性的な冷えは体の免疫力を低下させるからです。免疫力が低下すれば病気になってしまうことは、ご存知でしょう。では「冷え」はどうしてなるのでしょうか?血液はエネルギーの基になる栄養分、酸素の他に体温を全身に運んでいます。途中で滞ると足元まで熱が伝わらなくなって冷えてしまいます。お腹には大切な臓器がたくさんあるので内臓が冷えると、それを温めようと本来は手足に回るはずの血液が内臓周辺に集まってきてしまって末端の手足が冷えてしまうのです。

冷えの改善はまず“へそ”を温める

「臍=へそ」という字はニクヅキに斉と書きます。これには体を均等に分けると言う意味があり、へそは体の中心に当たることを表しています。また「へそ」は神闕(しんけつ)といわれ東洋医学では「神が宿る」箇所で「お腹は栄養素の生産工場でつくられた栄養素を全身に行き渡らせるポンプの役割もする」とされています。私たちの体には運動神経のように自分の意思で左右できる神経のほかに、もうひとつ大切な神経があります。それは自律神経とよばれ胃腸や心臓、肺など内臓器官を働かせている神経です。「へそ」の周囲は西洋医学でも太陽神経叢という自律神経の密集地帯とされて、また、内臓全般または下半身への血流の分岐点で腹部の血流が悪いと胃腸の働きも弱まり下半身も冷えがちになります。つまり、おへそ周囲を、まず温めることにより、内臓器官を支配する自律神経に刺激を与えます。そのことにより、腹部内臓の冷えを緩和して、胃腸の動きを活発にして健康な食欲も出て、また心地良い温熱でリラックス効果も得られます。

次に仙骨(せんこつ)を温める

仙骨とは骨盤の中央にある背骨の一番下にある逆三角形の形をした骨で、お尻の割れ目の上部を触ったときにある突起が尾骨で、この上にあるのが仙骨です。「仙人の骨」と言うだけあって人体の中でとても重要な骨で建物でいうところの基礎で、ここが歪んだりヒビが入ったりすると体のバランス・リンパ液の流れが悪くなると言われております。仙骨部には骨盤内臓を支配する自律神経があり、温灸をすると特に自律神経の中でも副交感神経を刺激して体のリラックス効果を高め体内の血管を拡張させて冷えを改善させます。とりわけ仙骨の奥には、足につながる動脈・静脈があり、即効的に冷えを改善するには最適な箇所です。

冷えの改善はまず“へそ”を温める

しん灸の世界では前と後ろから温灸で温めることを『打ち抜きの灸』と呼び非常に効果の望める方法ともいわれております。体温が1℃下がると免疫力が40%近く低下し臓器の機能低下も起きるといわれております。仙骨の下を通っている副交感神経は骨盤臓器の卵巣、子宮、卵管、膀胱なども支配しているため、仙骨を温めると栄養酸素が行き渡って婦人科系も改善されます。また仙骨の周辺は脂肪が比較的少なく冷たい脂肪に邪魔されないで血液を温めやすく、温まると血液の循環が促進され体温が上昇し免疫力が上がります。 したがって「冷え」で悩む場合は、先ず「へそ」に30分、続いて残りの30分「仙骨」使用してみてください。時間がある場合は各々へ1時間づつモグサ・罨法末を換えての使用もお奨めします。

ページのトップへ

温灸器の説明

1日1回1時間、ヤケドしない心地よさで夢気分

使い方は簡単、固形の小さな無煙モグサに点火すると台座中央の底に敷いた罨法末あんぽうまつ(にがり塩・薬草類が主成分の湿った粉末)入りのパックを透過して効果的な湿温熱に変わり、このホカホカの湿温熱が血行を促進して、胃や腸が軽く爽やかになり働きが活発になります。
 
食事がまずいと嘆いていたのが快調に、下半身が温まるのがよく分かります。
食後30分ほどしてから使ってください。肌にジカに当てず器具の下に調熱布を敷いて、バンドで固定します。テレビ等を見ながら、ゆったりした時の使用がよく、家事をしながらもでき、約1時間温熱は持続し、自然に消えるように出来ています。
使用目安は1日1回。専用の無煙モグサと罨法末は30回分ついてます。

医師に相談して ●温度感覚喪失が認められる人。●低温やけどをしたことのある人。●子供には保護者の監視下で使用すること。

ページのトップへ

【温灸器セット内容】
器具本体・説明書・無煙モグサ・罨法末各30回分・バンド・調熱布・ピンセット・交換用ガラスウール


サイズ:器具/125×69.2×37mm(縦×横×高さ)重さ136g バンド/幅25mm×長さ100cm ウエスト最小50〜最大120cm位迄、使用可
カラー:フタ/ゴールド、台座/黒、バンド/黒

モグサと罨法末の値下げにともないセットも値下げいたしました

¥10,300送料サービス(税込¥11,120)

<継続用>
専用/無煙モグサ・罨法末(各30回分)
¥3,800送料込(税込¥4,100)
お徳用/無煙モグサ・罨法末(各60回分)
¥6,800送料込(税込¥7,340)
超お徳用/無煙モグサ・罨法末(各90回分)
¥8,300送料込(税込¥8,960)

ご注文はこちらからどうぞ

ページのトップへ